牛は飼うものではなく、愛情と汗の積み上げで創り上げるもの

鳥取県 田村畜産

tamura

田村さん

 

明治時代から家畜商を営む田村畜産は 昭和42年に
牧場をスタートし、“誰もが食べて美味しい和牛”を目指し「田村
牛」を誕生させた 。平 成 1 1
年には兵庫県内にも牧場を設立、神戸牛の生産も手がけている。サシだけでなく、肉の旨味を追求し、但馬牛の血統を引き継ぐ和牛の雌のみを、こだわりの独自飼料で長期肥育。兵庫県産は純粋但馬牛を素牛に月齢35~45 カ月程度、兵庫県以外の牧場では但馬の血統(50%以上)を引き継ぐ素牛を主体に月齢32カ月以上まで飼い込んでいく。

 

tamura_esa

一般的な配合飼料はトウモロコシが主体だが、田村畜産ではトウモ ロコシを一切使用せずに、酒造用の麦を利用しているのだ。麦を主体にすることで牛の胃袋に負担をかけず、じっくりと飼い込むことができるのだという。先代の配合をベースに在学していた京都大学にて分析を重ね、国内初となる原料100%指定の配合飼料「ヴィンテージビーフ」を開発した。防腐剤や添加剤は一切使用せず、人がそのまま食べることのできる安全で甘みのあるエサだ。