~人とお肉をつなげるサイト~

Meat UP!とは

「伝える力」を大切にしています。

Meat UP!主宰 片平梨絵

Meat UP!主宰 片平梨絵

消費飽和の時代になり、世の中には膨大な商品、情報があふれています。消費はモノからコトへと移行し、人々は商品そのものよりも、その背景にあるストーリー、作り手の想いに対価を払う時代になったといえます。

しかし、残念なことに、良いものづくりをしていながら、真の価値を伝え切れていないケースは少なくありません。とくに農畜産物では流通過程の複雑さゆえに、本来の商品価値とは掛け離れた取引が行われていることもしばしば見受けられます。

これからの時代は、生産者が直接、消費者へ販売するスタイルが増えてくることでしょう。また一方で、中間流通においては、単に商材を供給するのではなく、その役割の中身が問われ、新たな価値を創出する機能が求められるのではないでしょうか。

人や商品には必ずオンリーワンのストーリーがあります。

作り手の体験、熱意、商品の魅力をいかに伝えるのか。曖昧さやごまかしのある筋書きでは人の心を動かすことはできません。作り手のコンセプトを磨き込み、伝えることに真摯になった時、「伝えきれない理由」「足りない何か」が見えてくるものです。

よく「生産者の顔が見える商品」といわれますが、それは、つくり手が食べる人の顔を見る(意識する)ことだと私は考えます。Meat UP!では、志しある作り手とともに、食べる人にまで価値が伝わる生産・流通の仕組みを確立し、「美味しさでつなげる笑顔の食シーン」をめざします。

 

特集 インタビュー

  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑪全国農業新聞/注目されるGGAP
    詳細はこちら
  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑩全国農業新聞/高値続く肉用子牛価格
    詳細はこちら
  • 肉納め、肉始めにステーキガストが新提案、超希少!イチボの熟成赤身ステーキフェア開催 
    詳細はこちら
  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑨全国農業新聞/拡がる提案型の売り場づくり
    詳細はこちら
  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑧全国農業新聞/深化続ける肉業態の勢い
    詳細はこちら
  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑦気を付けたいドライエイジングビーフの取り扱い/全国農業新聞
    詳細はこちら
  • 片平梨絵の食肉ウォッチ⑥/全国農業新聞/日本初の子牛農家によるブランド牛
    詳細はこちら
  • 羊齧(ひつじかり)協会が活動活発化 ―日本の羊肉文化の盛り上がりを可視化する指標を毎月発表へ―
    詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © Meat UP! All Rights Reserved.